MENU

緊急時の事業資金の調達

総量規制ができてから、消費者金融系のキャッシングで、急場をしのいでいた事業者が、総量規制のために生活資金として借りることができなくなりました。

 

事業資金は総量規制の例外なわけですが、事業資金として借りようと思うと、そのための書類を色々と揃える必要があり、審査にも時間がかかってしまうので、急に資金調達が必要になった場合は、消費者向けのフリーローンのように即日使えるようなビジネスローンは、まずありませんから、即日調達のめどが立たないのが現状です。

 

事業の調達に役立つサイトサイトとして、事業ローン比較をおすすめします。

総量規制のかからない銀行のカードローンも、使途を問わないフリーローンがたくさん出ていますが、ほとんどが士業性資金としての利用はダメとなっています。

つまり零細な事業者は、つなぎ資金的な短期の緊急の資金調達に苦労する事になってしまったわけです。

これからは、資金が足りなくなる前に、ビジネスローンを申込みしておくという準備が必要になります。

1つだけ、緊急避難的な方法としてできることを考えると、銀行のカードローンで生活資金を調達して、生活資金にする予定だった資金を、事業資金に回すという方法です。

ただし、すでに総量規制の枠を超えてノンバンクから借りられなくなっている人が、銀行のカードローンの審査に通るとは思えませんので、資金的に困難になってからではやはり、難しいでしょう。

事業がうまくいっている時こそ、融資の審査に通りやすいわけですから、ビジネスローンカードを1つは持っておくようにするべきかと思います。