MENU

脱サラ前に作っておこうカードローン

起業する前に個人用の銀行のカードローンは作っておいた方がいいです。

 

もちろん、独立する前ということです。会社員の方が個人向けの銀行のカードローンは作りやすいです。

 

起業して実績が無ければ、そうそう個人向けカードローン審査には通りませんからね。

 

会社員のうちに銀行のカードローンを作っておけば、事業資金には使えませんが、収入が足りず生活資金が不足するときに使えます。

 

事業金の借入金利が高ければ、生活資金を事業に回して返済して。足りない生活資金を枯れ莉場いいわけです。

 

資金の借換え向けのカードローンとして役立つはずです。

 

また万一住宅ローンや教育ローンの支払いが事業収入の不足で厳しいときなどに借りることもできますね。

 

基本的に使途の自由な資金がいつでも借りられるようにしておくと安心感があるので、実際にはできるだけ使わないけれど、持っておくという考え方です。

 

起業してからだとなかなかそういったものの審査に通りにくくなってしまうでしょうからね。

事業資金記事一覧

総量規制ができてから、消費者金融系のキャッシングで、急場をしのいでいた事業者が、総量規制のために生活資金として借りることができなくなりました。事業資金は総量規制の例外なわけですが、事業資金として借りようと思うと、そのための書類を色々と揃える必要があり、審査にも時間がかかってしまうので、急に資金調達が必要になった場合は、消費者向けのフリーローンのように即日使えるようなビジネスローンは、まずありません...