MENU

短期間借りるだけならば、金利よりも無利息の方が得

金利が低い方が返済額は基本的に少なくなるので、少しでも金利が安い方がいいと考えると、銀行のカードローンでキャッシングしたほうが、

クレジットカードのキャッシングやノンバンクのキャッシングを使うよりも得なわけですが・・・

これは、大きな金額を借りて、半年以上かけて、返済していく場合の話です。

 

アコム、プロミス、レイクなど、無利息キャッシングの期間が利用できる場合は、無利息期間を考えれば、2%前後の金利差など、2?3ヶ月では変わりません。

1月程度であれば、30日間無利息を利用すればほとんど利息は付かないわけですし、2月借りても、利息は1月分程度ですから、半分程度の金利です。

 

またプロミスの場合は、いろいろなことでポイントがたまりますから、再度無利息期間を利用できる可能性があります。

短期間借りて返済、また再度借りることがあるという場合は、プロミスが有利でしょう。

 

アコムも30日間無利息をやっていますが、契約したよ翌日から30日なので、使わなくても無利息機関が進行しますので注意です。

 

プロミスは、借りいちのみやしから30日間無利息なので、すぐに借りる人はどちらも変わらないですが、その点は注意が必要です。

 

レイクはサービスを注意するそうです。消費者金融ではなく銀行だったので、費者金融のような融資額の上限規制や広告規制がなく、過剰融資への批判が強くなりました。

 

そのためは規制が緩い消費者カードローン事業を縮小して対応するようです。

今すぐ必要なときにお金を借りる

テレビコマーシャルなどで世に浸透してきた、みんながご存知の消費者金融は、総じて即日キャッシングができるようになっています。

 

お給料日が来るまでの数日間のピンチを乗り切りたい方や、少し経てばいくらか入ってくる予定であるというような方は、無利息で宣伝している大手消費者利息が求められないサービスをチョイスした方が、金利が低い審査に時間がかかる銀行カードローンよりメリットがあります。

 

クレジットカード付帯のキャッシングサービスであれば、すぐ利用できますが、金利は大家は無利息機関は無いわで、損すること請け合いです。

 

今すぐお金が必要な場合でも、新たにカードローンを申し込んでも1時間程度でキャッシングできてるので、無利息を選んだ方が得です。

 

ただし、最初だけのサービスなので、毎月のように今すぐお金を借りたいなんてことが起こるような方は、低金利の銀行とカードローンをあらかじめ作っておくべきですね。

 

いつもの暮らしの中で、考えもしなかったことが発生してしまって、何はともあれ早急に結構な金額を用意しないといけなくなった際に重宝するでしょう。

 

主婦だから、借りられないかもという心配がある場合は、「配偶者の方の年収で申し込み受け付けます」とか、主婦や主夫対象のカードローンを提供している金融機関もあるのです。

 

「主婦も申し込める!」などと載っていれば、ほぼ間違いなく利用することができるはずです。

 

もし金融機関休業の日にお金がすぐに必要になった場合の対処方法はこちらの「土日融資可能なネットでお金を借りられる方法」が敦煌になります。